はじめての母乳育児をスムーズにスタートさせるために大切なこと

母乳で育てるメリット

 

 

 母乳育児のいちばんのメリットは、ママが持つ免疫を赤ちゃんに移すことができるため、色々な病気から赤ちゃんを守ることができることです。ミルクのみで育っている赤ちゃんよりも、病気の治りが早かったり、乳幼児突然死症候群のリスクが低くなるといわれています。
 また、母乳は赤ちゃんが消化しやすい成分のため腸への負担が少なかったり、おっぱいを吸うときに口を動かすことで歯やあご、さらには脳の発達も促すともいわれています。ママとのコミュニケーションも頻繁にとることができるので、赤ちゃんの情緒も育ちやすくなるでしょう。

 

また産後の妊娠線のケアも大切になってきます。
私のおすすめの妊娠線ケアクリームはコチラになります。
 その他には、子宮収縮が促されて産後の回復が早まったり、体重も元に戻りやすくなります。そして、粉ミルク代がかかりませんので経済的であるともいえます。
大体出産につきどれくらいの金額がかかるのか気になる方はこちらのサイトが参考になります。

 

 

 

 

だれでも母乳はでるの?

 ほかの哺乳類動物と同じで、ママになると必ずおっぱいが出る仕組みをだれもが持っています。妊娠すると「おっぱいで育てたい」と多くのママが感じるようになるのは、妊娠中からすでにおっぱいを作る準備がはじまるからです。
 妊娠後期になると、おっぱいを出す準備も整いますが、胎盤から「まだおっぱいは出さなくて大丈夫」というホルモンが分泌されているので、妊娠中におっぱいが出てしまうということがないのです。

 

 

 

黄体ホルモンは母乳の質も上げてくれる働きがあります。
 出産をすると「おっぱいを出さないで」とサインを出していた胎盤も一緒に出てくるので、いよいよおっぱいが本格的に出るようになります。そのきっかけとなるのが、赤ちゃんがおっぱいに吸いつくことです。赤ちゃんが吸いついておっぱいが刺激を受けることで、2種類のホルモンが働くようになり、母乳が出てくるようになります。
 母乳育児をスムーズに開始させるには、出産後は早めに何度も赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことが大切になります。

 

 

 

まずは産院選びから!

 妊娠がわかってすぐの頃は、まだ母乳で育てるのかミルクになるのかと考える余裕がないかもしれません。でも、母乳で育てないなとなんとなくでも思っているのであれば、産院選びはとても大切です。

 

 産院を選ぶポイントとしては、産後すぐにおっぱいをあげることができる「母子同室」を推進していること、ミルクは極力与えないというこがあげられます。母乳育児をスムーズに開始するには、出産後はなるべく早いうちから赤ちゃんにおっぱいを何度もあげることが大切です。母子同室であれば、出産後すぐに1日中授乳することになりますから母乳育児に最適といえるのです。
また、「母乳外来」を設置していて、妊娠中から母乳育児に関する情報提供や指導があり、出産後も母乳に関する相談に乗ってくれている産院もありますから、ホームページなどでチェックしてみてください。

 

 

母乳育児を行うということは、お母さんが食べたり飲んだりしたものが、赤ちゃんに直結するということです。
つまり、お母さんの身体を健康的な状態に保っておく必要がありますよね。
食べ過ぎて太ってしまってダイエットしたいけれど、出産後すぐにダイエットすることには抵抗がある・・・という方も多いと思います。
そこで、こんな方法で健康的にダイエットを行うということもおすすめとなります。